つぶやき母さん

アクセスカウンタ

zoom RSS − タイトルなし −

<<   作成日時 : 2015/04/15 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ここに書くのもどうかと思いますが、

父が入院して約1カ月。展開の早さに頭で理解できても、
気持ちがついていかないのでメモします。

始まりは

2014/11/下旬   ネパールに撮影旅行に行く。
2014/12/      帰国後から風邪。いつもと違う咳
2014/12/下旬   かかりつけの内科医を受診。レントゲンでがんかも?と言われ、紹介状をもらう
2015/01/19     がんセンター初診。
2015/ 02      肺の内視鏡、CT、MRI、PET検査を受ける。
            扁平上皮癌Vb期。リンパ節に転移有(この時点まで私はノータッチ)
2015/03/02     陽子線治療を希望したため、某国立がんセンターにセカンドオピニオンで受診。 
            物凄く感じの悪い嫌な先生で、具合の悪い父がもっと悪くなる
2015/03/04     がんセンターに報告兼検査の為、再診。手足が真っ白。歩けない父。
            酸素量82、40度の発熱。肺炎発症の為緊急入院
2015/03/12    肺炎の数値は改善
2015/03/18    病気の状態の説明
            重篤な肺気腫と肺がん、肺炎の為、治療は全く何もできないとのこと。
            出来ることは、痛みと苦痛をとる緩和治療だけ
2015/03/19     父にも同じ説明をする
2015/03/30     緩和病棟の面接を受ける
2015/03/31〜4/2   一時帰宅
2015/04/06     緩和病棟に転科
2015/04/10      先生から説明。最後の迎え方まで説明される。
2015/04/10〜11  一時帰宅
2015/04/12     体重が-19Kgになっていてびっくり
2015/04/14     機械浴でお風呂に入れてもらう

具合が悪くなってから約4か月。何がどうしてこうなっているのか?母も私も理解不能。
            

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
− タイトルなし − つぶやき母さん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる